06 Oct '11, 2am

100億人分の食糧をまかなえる世界で、なぜ9億人が飢えるのか?http://t.co/frEVpEIm

農業の近代化・大規模化やバイオテクノロジーが世界飢餓の解決策なのか---NO! 環境を破壊し、人間を追いつめ、生産者も消費者も健康を損ねる、工業農業の現実を解説。 "Fatal Harvest: The Tragedy of Industrial Agriculture"より 工業農業にまつわる7つの神話 ※鋭い警告を発しているこの2冊は未だに日本語になっていません。邦訳出版をご検討いただける出版社の方はご連絡ください(平賀緑[email protected] )。 ● アグリビジネスの現状を垣間見る 動画「ミートリックス 」(日本語字幕付き) 映画「いのちの食べかた Our Daily Bread 」 ● 遺伝子組み換え技術やバイオテクノロジーが飢餓を解消するのか? 遺伝子組み換え作物は第三世界の貧困と飢餓と低生産の解決策となりうるか? 遺伝子組み換えに対する国連の大きな誤り トウモロコシ品種多様性の中心地であるメキシコにおいて遺伝子汚染 「食糧第一(Food First)」として知られる「食糧と開発のための政策研究所(Institute for Food and Development Policy)」による「バイオテクノロジー・遺伝子組み換え技術」特集ページ  ここから膨大な量の資料にリンクしています。 平賀緑「遺伝子組み換えで飢餓は救えない」 『週刊金曜日 』2003年7月11日発行No. 467 掲載記事 「遺伝子組み換え作物 - 食糧に反する動き」 『アクションエイド 』2003年5月「GM crops - going against the grain」

Full article: http://journeytoforever.org/jp/foodfirst/index.html

Tweets